帆布×客家花布×ブルーのトートバッグ

よくある形のトートバッグ

帆布と合わせて、シンプルに作りました。この台湾生地を見たときに一番アイディアとして出てきたのが、この形のバッグ。

出来上がりはちょっと地味かな~、持ち手だけ見えるようにしたけど・・・

でもね、表に生地がたっぷり来ると、その派手さに、きっと飽きてしまうんだよね。と思う。(個人的な感想です(笑))

持ち手の裏にアクセント。

持ち手が見えないと実にシンプル。

外が地味な分、中にたっぷり生地を使ってます。え、もったいない?

 

今回は、ファスナーつけてみた。

ファスナーなしにすると簡単で、ものがたくさん入っていいけど、中身が見えないファスナーも欲しいことがある。
一番上に付けようかと思ったけど、見返しをつけて、その間に挟んだ。

ファスナーを閉めるとスリム。

帆布だけど、思いのほか、軽いバッグになりました。

サイズ:上部幅 44 × 下部幅 32 × 奥行 12 × 高さ 27 ㎝

余談ですが、この形のトートバッグは、持ち手の位置など、最初から計算ずくで作らなければいけないんです(笑)とどのつまり、結構、気を遣うんだよね~。

1+