台湾旅行 その1 出発編

久しぶりの海外。パスポート切れてたので、取り直して、2泊3日の台湾旅行へ。旅のお供は旦那です。

飛行機の出発は8時30分。朝早くて、始発では間に合わず、車でセントレア空港へ。

梅雨空の日本としばしのお別れ。

梅雨前線を超えて、青い海が見えてきた。

台湾が見えてきました。大きな河。淡水のあたり(ここへは3日目に行くことになる)

台湾桃園国際空港に到着。

到着したら。すごい人、入国審査ですごく時間がかかる。1時間以上。ちょっとうんざり。

ここから現地係員に台北市内のホテルへ連れて行ってもらう。ふう。あとは3日目まで自由行動。オプションは入れましたけどね。

夕方に故宮博物館へ行くオプショナルツアーを入れてあったので、その時間まで市内観光。

タクシーもいいけど、せっかくなので、地下鉄に乗る。地下鉄の料金安い! 日本の子ども料金くらい。そして、これが切符。

さて、地下鉄駅の北門でおり、目的地を目指す。・・・・目指すが、どうやら迷子になってしまった。(あとで気づく、まっすぐでよかったのに、曲がってはいけないところを曲がってしまった。)

道の途中で、愛玉子(オーギョーチ)が売っていたので、だんなが足を止める。暑いので、飲み物を欲したらしい。お店のおじさんがとても親切でオーギョーチゼリーを一つ買って飲んでいたら、おかわりも入れてくれて、パイナップルまでサービスにくれた。なんか、申し訳ないくらい。(;´・ω・) オーギョーチゼリーもパイナップルもおいしかった。ごちそうさまでした。

そして、迷子だったことを思い出して、おじさんに目的地の行き先を聞いてみた。聞いてみたというよりも地図を見せて、ここ?と指さしたら、ジェスチャーで教えてくれた。意思の疎通はできるものだ。重ね重ね、ありがとうです。

目的地到着

目的地あった! このお店に来たかった! そう、布屋さん。
台湾の鮮やかな生地が欲しかったので、仕入れに、いえいえ、買いに来ました。

若干、入口が分からず建物をぐるっと半周する。また迷子か?

お店の中は、ほんとに迷路で所狭しと生地が並んでいた。楽し~。そして、客家花布(たぶん)生地の巻いてあるものをいくつか購入。

この左から2番目の青い生地が一番好き。でも、せっかくなので、色とりどりに買ってみた。自分のお土産。

ふふ、何を作ろうかな。

少し歩いていくと「氷」という文字が見えたので、マンゴーパフェを食べることに。この日の気温は35度。ご飯ものより、冷たいものが食べたかった。かわいいお店で、日本語のメニューも置いてあった。

お店のマークがかわいかったけど、少しボケてしまったので、いっそのこと、と、写真加工してみた。雰囲気だけ。

マンゴーパフェ。130元。

新旧が入り混じった街の雰囲気を味わいながら、再び地下鉄の駅を目指し、歩く。

道にも町にもスクーターがあふれていた。

さて、次の目的地へ。


撮影日:2019年7月13日

2+