カメラ女子に捧ぐスカーフで手作りカメラストラップ

家にあったスカーフで手作りカメラストラップ。これも立派なリメイク。

友人がどこかのメーカーのスカーフ生地のストラップを買っていた。なかなかのお値段みたいで(;^_^A 

「なんか作れそうだよね~」からの「作れるなら作って」となり、試しに作ってみることに。

インターネット上でもいろいろ出ていたので、参考にした。

リメイク開始。

タンスで眠っていたスカーフを出してみる。お土産でもらったりした絹製品もあるけど、まずは安そうな生地から作ってみた。

リボンのように縛る長方形タイプのスカーフで作ってみることに。

長方形なので、半分にして、横を縫います。

両側をきゅっと絞る。

ここに革&金具をつける。

金具、ここが一番悩んだ場所。どうカメラに付けようかと。ちょうどいいくらいの革のきれっぱしと金具を組み合わせる。

はさんでみたところ。

もちろん、両側同じように。

厚地用の糸で、頑張ってミシンで縫って、完成。(ミシン屋さんに怒られるやつだ。)

縫うのはちょっとだけ苦労した。手縫いのほうがいいのかも。

スカーフの途中にアクセントとして、タグをつけて、絞った形にした。三つ編みっぽいイメージ。
そして可動式。位置が動くってことね。

カメラに取り付けてみた。

あ、いいじゃん♪ 自画自賛ww

でも、ちょっと首にかけると長いな。長すぎた。首の後ろで縛って調整してみたけど、いまいち。

ハンドストラップになるように縛ってみたら、これならいい。よし!

首に優しい、手首にも優しい。ちょっとおしゃれなカメラストラップ、できました。(´▽`) 

2+