広島旅行@しまなみ海道サイクリング

広島県尾道市から愛媛県今治市に続く”しまなみ海道”。制覇はできないけど、サイクリングを楽しむ旅行に出かけてきました。

言い出しっぺの娘が計画を立てないので、いろいろ調べて、旅行工程表を作成。旅行会社の人の気分。何時にどこの駅から何に乗って、どこで自転車を借りて・・・なかなか大変。でも結構いい感じに工程表ができた。

ところが、事前に雨予報! なんですとー。せっかくの計画が・・・。

まあ、結局くもりで雨には降られなかったんだけど、そのせいで、ちょっと予定が狂って、一部迷子になってしまった。(笑)

何とか軌道修正して、無事にすんだ。土地勘がないので、焦った、焦った。「旅の恥は掻き捨て」という言葉が脳裏に浮かぶ。

なんて、ドキドキもありましたが、旅行スタートです。ブログ3回分、お付き合いくださいませ。

新幹線で福山駅へ

バラのまち福山へようこそ、という看板の通り、駅前にはバラが植えられていた。

観光地では、よくネコに出会う。

福山城は遠くから見ただけ。

レモンの島でもある生口島 瀬戸田へ

  

サイクリング開始 

予定は瀬戸田から多々羅大橋を渡って、道の駅多々羅しまなみ公園へ向かう 約10キロ。

しまなみ海道は80キロほどある。そんな無謀なチャレンジはできないため、短い距離でサイクリングを楽しんでみた。電動自転車でなくても、すいすい乗れました。

レンタサイクルは、一日1000円、保証金1000円。別のステーションで乗り捨て可。

道路の青いラインは、サイクリングコースであることを示している。これをたどっていくと行けるらしいが、看板を間違えるとうっかり島を一周してしまうそうだ。

サイクリングしていくとすれ違う自転車の人に「こんにちは~」とあいさつをされる。最初は、ん?と思ったけど、サイクリスト同士あいさつをするらしい。山道ですれ違う人と同じだね。なるほど、気持ちいいね。

▼ あいにくの曇り空。海沿いをすいすいと進んでいく。

海の左側に見える小さな島がひょうたん島。県境でもあるそうだ。

▼ 橋を渡るための坂道、がんばった。(‘◇’)ゞ 歩かずに登れた。
レモン谷というだけあって、左右にはミカンやレモンの実がたくさん!

 

▼ 目的地は橋の向こう側。眼が眩むほどの高い橋。ちょっと怖いかも。

橋の真ん中には県境が!

四国上陸!

 

紅葉もいい感じ。

▼ 大三島側に到着。自転車10キロ、まだいけそう。

 

▼ 幸せの鐘、だそうで、娘が鳴らしていた。

さあ、大三島 盛港からフェリーに乗って、大久野島へ

大久野島のうさぎパラダイスへつづく。

2+