ベンリー口金で作ったチェック生地バッグ

この口金は少しお高い材料ですが、手軽な感じで作れる。袋を作る感覚で作ることができる。

前にパーティバッグを作ったけど、口金がまっすぐ横になっているのがいいかも♪と思って、購入。商品には「下田直子先生オリジナル口金フレーム」と書いてあった。

生地に悩む。

何を合わせようか、どう合わせようか、どんな雰囲気に仕上げようか。と、お店の中で、これとこれと考えて買ったのが、白黒チェック×黒。

絵柄物は飽きるので、シンプルな感じがいいかなと。

制作開始

底の部分を切り替えたいため、生地を合わせる。もともと入っている型紙には切り替えは書いてないので、自分でアレンジ。

ポケットもつけてみた。しかし、あとでわかる、ちょっと大きかった・・・。もっと高さを低くすればよかった。

型紙をとったら、ほぼ、作り方を見ないで作り始める。こうすると手縫いするところがなくなるかなと、手抜きを考える(^_^;)

サイドの始末

横がどうしても開くので、手縫いになる。手縫いでもきれいになると思うけど、上から縫ってしまった。

↓ 完成したサイドはこんな感じ。あまり気にならないかも。白糸で縫えばよかった。

口金と合わせる

棒に通して、ねじを締めるだけ。ねじは取れがちなのでボンドでとめる。

こうなる。

上の部分、書いてあった作り方とは変えてあって、型紙を工夫してみた。よし、イメージ通り。

中もしっかりするようにキルティング仕様。若干ギャザーが硬い感じになっている。

できあがり

中に底板を入れてある。

 

11月4日(日)に瀬戸市デジタルリサーチパークセンターのイベントで販売予定。

2+