リメイク・バッグインバッグがほしい編3-完成

リメイクバッグ。縫い合わせて組み立てて、バイアステープでぐるりと処理して、

やった、完成~~!

・・・と喜べない。なんだか気に入らない。どうにも気に入らない。(-ω-;)ウーン

何が気に入らないかというと、持ち手が細すぎる。かわいいから使いたかった持ち手。でもバランスが悪い。

▼持ち手は変えよう。はずしてしまおう。お花の部分がかわいいのに。

▼さて、どうしたらいいのか、悩む。何日か悩んだ。しばらくこの状態で放置されていた。

▼よし、雰囲気を保つために太くしよう。まだ余っていたジーンズ生地を切って、持ち手を作る。薄めの芯も貼る。

この持ち手を作るときに紙の定規(上記写真)がとても便利。印をつけなくてもアイロンだけで持ち手ができる。
たまにハンドメイドの雑誌や本についてたりするけど、すぐに汚してしまいそうなので、方眼紙で自作。
3センチバージョンと4センチバージョンを作ってあります。

▼出来上がった持ち手の上に付けたかった市販の持ち手を縫い合わせる。

▼持ち手を差し込んで、もう一度縫いました。お花の部分はちゃんと残して。
これ、持ち手を販売しているメーカーさんの思惑とはちょっと違うかも。
もっと小さいバッグなら、そのまま使えばいいんだけど。こういう使い方もありにしてもらおう。

ん? 前のでもいい?なんて思われそうですが、私はこれで納得できました。
持つところもデニム生地が当たるので柔らかくなりました。

では、各部品。

▼内側ポケット。派手なキルティング。ポケットも作ってあります。間が2か所縫ってあるので、ポケット3つ。

ポケットの口はキルティングを三つ折にすると厚さが出るため、薄い生地でポケットの裏を処理しています。

▼ファスナーに拙いレジン作品をくっつけて、引っ張りやすくしてみました。

▼底はつなぎ目なし。少しカーブが左右で違ったり、一部お見せ出来ない部分があったり、まあ、そこは気にしないことにして。

▼ショルダーをひっかける部分。ショルダーは市販品を使います。ショルダーまで作るほど生地がないという現状。
ナスカンのついたショルダーは他のバッグと共用できますから、便利です。

この丸カンの位置、実は型紙を作るときに気を使いました。
あまり下のほうにあるとくるっとひっくり返ってしまうし、あまり上のほうにあると物が入れにくいし。
できあがりは、ひっくり返らないくらいのいい位置になりました。よかったよかった。

▼途中で放置されたけど、やっと完成~。 (^ー^* )♪

リメイク・バッグインバッグがほしい編

リメイク・バッグインバッグがほしい編2

 

 

0