ジーンズ解体後の組み立て

解体と組み立て、工作のような言葉になってしまった。解体したジーンズは組み合わせて一枚の生地にします。

↓ 組み合わせてみました。

20161207001

私は、解体時ステッチを外してばらばらの部品にしてしまいます。

ジーンズをそのまま使えばいいじゃないかと思うでしょうが、やはり服なので、立体。

外して組みなおすことで平坦になり、作りやすくなります。

もちろん、全体に刺繍の入ったジーンズなどは立体のまま使うこともあります。その場合、立体を生かして作ります。ジーンズによりけり、です。臨機応変にね♪

20161207003

今回は腰ベルトを生かさないので、一個外してポケットの上に飾り付け。

↓全体。平面一枚になりました。中央のステッチは底の部分。底にも手を抜かない 。あまり見えないところだけど、パッチワークのステッチをよく使います。(^ー^* )♪

そういえば、日曜日に行ったクリエーターズマーケットでもジーンズのバッグ売ってたな~、同じジーンズバッグでも、自分には、出来ない生地使いだったな。他の生地がたくさん使ってあった。私ってどう作ってもシンプルだよな~と思ってみてきました。ま、人は人ですが。

20161207002

横に出てる白い部分は接着芯。ポケットやら縫い合わせやらがあるので、ストレッチの接着芯を使います。裏を見ると山あり谷ありで、アイロンはかけにくいです。

さて、これが立体になります。待て、次号! (‘◇’)ゞ

0